top of page

心の病気を正しく理解

業務の最大のパフォーマンスを求めるためにも、企業は社員の健康管理が重要になってきます

こころの病気はだれもがかかりうる病気です


「いつもと違う」に気づいたらすぐに対処することが重要です。

早期に気づけば病気になる前の風邪症状で食い止めることができます

 

現在、こころの病気で入院・通院している人は30人に1人の割合です

びっくりされるかもしれませんが、体の病気と違って人に言い難いということが影響 しているのではないでしょうか

さらに、自分がうつ病ではないかと感じていても、家族のことを考えると病院に行くことをためらってしまう、職場や上司に言えないと感じる人が大半です



では、心の健康を維持するためにはどうすればよいのでしょうか?

以下セミナーの内容説明

 

①セルフケア

②ラインケア 

③管理職のためのセルフケア

④ハラスメント担当者のための心的サポート

⑤惨事ストレス

⑥人事担当者が行う管理職への心理サポート




コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page