top of page

もし病気になっても

現在の治療は昔にくらべて随分進みました

10年前とくらべても治療されている方が復職されるまでの期間が短くなってきているように感じます。医学も進歩していますので、自宅療養の後、仕事をしながら通院治療ということも今では一般的になってきました

 

ただし、早く治そうと焦って無理をすると、回復が遅れることがあります

「焦らず、じっくりと治す」という気持ちで臨むことが回復への近道です


多くの職場では

3次予防といって「職場復帰プログラム」があります


休職している労働者への精神的なフォロー

労働者の主治医との連携

管理職に対する職場復帰時における対応研修

なども含めて、あなたの職場復帰をサポートするプログラムです



Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page